整理整頓が苦手!?

整理整頓というとどうしてもそれが得意な人と苦手な人というのが出てきます。

そこで整理整頓が苦手だと言う人の特徴と得意だと言う人の特徴をみていくと、どうも苦手だと言う人に共通することは「物が捨てられない」という人が多いように思います。

その人たちからすると「物をすぐに捨てるというのはもったいない」という人も多いので、それはそれで素晴らしい考えだと思います。

しかしそれは大元を辿ってみると、大して必要もないものを買ってしまったという時点ですでにもったいないことをしているということも考えられるのではないでしょか。

ですので、整理整頓のコツとしては、ちょっとでも「これは必要かな?」と思ったものは思い切って捨ててしまう。

「この先になったら使うかもしれない。」と思えるものでも、実際には使わないことがほとんどですので、どんどん不要なものは捨てていくようにしましょう。

こうすると無駄にゴミを増やしてしまうのではないか、と考える方も多いと思いますが、普段からこの整理整頓術を心がけておくと、まず物を買うときに本当に必要なものしか買わないという癖がつきます。

結果的に、物を捨てられる人というのは無駄なものも増やさないという精神が根付くことになりますので、整理整頓が上手くなることが多くなっています。

掃除や整理整頓が綺麗にできると、何とも言えない爽快感と達成感がでてきます。

また少なからず自分に対しての自尊心も出てきますので、是非あなたにも日頃から意識をしてしてもらいたいものだと思っています。

もちろん部屋のインテリアとしても「清潔さ」というものは最大の武器になりますしね。



サブコンテンツ


このページの先頭へ