おしゃれな部屋に改造!!

一人暮らしを始める場合ほとんどの場合は賃貸になるとは思いますが、その際に自分好みの部屋に改造することはできるのでしょうか。

賃貸の場合、残念ながら壁紙や床、畳などは無難なものの場合が多くなっています。

これは趣向が様々な人を相手にする以上それはある程度しょうがいことなのでしょうが、おしゃれな部屋を目指す人にとってはこういったいわゆる無難な部屋ではどうしても満足できないという方も多いでしょう。

もちろんこういった無難な地味な部屋であってもインテリアを工夫することによっておしゃれな部屋を作ることは当然できます。

こういった改造であればわざわざ大家さんなどに許可をとらなくてもどんどん自分の好きなようにすることができますので話は簡単でしょう。

また最近ではデザイナーズマンションなど、元々の部屋がおしゃれなものも多く出ていますので、最初からこういった物件を探すのも良いかもしれません。

しかしデザイナーズマンションなどは一般的に普通の物件などよりも家賃や管理費などは高くなっていることが多いですので、こういった面が負担となってしまう場合も多いでしょう。

そこで家賃が安い無難な部屋を自分の好きなように改造することができることが一番良いとなるわけですが、賃貸の場合当然人のものを借りるということになりますので、あまり自分勝手なことはできません。

あなたが出て行った後にまた新しい人が入ってくることを考えればそれも当然のことです。

しかし実際に部屋探しを始めてみると、意外と「改造OK」という部屋もあるんです。

改造が好きな人にとっては「おっ!」と思われるかもしれませんが、よくよく見てみるとどこも礼金が非常に高くなっていることがほとんどです。

どうしても部屋を改造したいという方はこういった部屋を借りてもいいでしょうが、そうでない場合、もしくは書面などで改造がOKとされていない場合は大家さんとの交渉次第ということになります。

流石に突飛な改造などは認められないことの方が多いかもしれませんが、実際に交渉してみるとOKとされることも意外と多いようです。

そこで部屋の改造を考えている人はまずは部屋を借りる段階で事前に改造がOKかどうか、またどこまでの改造がOKかなどの確認をとっておくようにしましょう。

またもうすでに部屋に住んでいる人も、諦める前に一度交渉をしてみるのも良いかもしれません。

その際には退室後に出費が発生するかどうかも同時に確認することを忘れないようにしましょう。



サブコンテンツ


このページの先頭へ