上手いインテリア照明の使い方

写真

部屋やインテリアの雰囲気を変えるために、わざわざ新しい大きな家具や壁紙などを変える必要はありません。

日本では部屋の照明といえば、やはり天井に一つのライトをつけ、それで部屋の全体を照らしている場合が多いと思います。
私も実際、照明といえばその形が全てだと思っていました。

しかし、私は一時期ちょっとした都合でアメリカに住んでいたことのがあるのですが、その時に多くのアメリカ人が部屋の照明として「間接照明」をうまく使って部屋に高級な雰囲気を出しているのを見て、一目でその雰囲気が気に入ってしまいました。

間接照明とは??

間接照明とは本当に簡単に言ってしまえば、直接光を部屋に照らすのではなく、壁や天井に光を反射させ、その反射した光を楽しむものを言います。(分かりにくいかな?)

照明の一番の目的と言えば、もちろん生活を不自由なくするために部屋を明るくするということなのですが、間接照明の場合には反射した光を利用するため、当然明るさという点では劣ります。

しかし、元々間接照明が生み出された理由というのが、ただ明るいだけでなく、ろうそくで生活をしていたときの、あの何とも言えない温かい光を楽しみたいというものですので、その用途は普通の照明とは全く違ってきます。

間接照明の使い方

ここでは間接照明の基本的なテクニックについて軽くご説明します。

  • 天井に光を当てる間接照明
    天井に間接照明を当てることで、柔らかい光が部屋全体を包み込んだような雰囲気になります。
    天井に光を当てると言っても、いまいちぴんとこないかもしれませんが、例えば上の写真のようなランプを置くだけでも、部屋全体が落ち着いた感じになります。
    明るさが足りないという場合は、数個同じようなランプを置いてみるのも良いかもしれませんね。
  • 壁に光を当てる間接照明。
    壁に光を当てる間接照明を使うことによって、部屋に光が当たっている場所と当たっていない場所が生まれますので、部屋全体に立体感を出すことができます。
    壁に特殊な素材を使っているときや、アクセントとして周りとは違った壁の素材を使っている場合など、このタイプの間接照明がよりその壁の質感を引き出したりもします。
  • テーブルの上や洗面所のちょっとしたアクセント
    何も部屋全体や壁などを照らすことだけが、間接照明ではありません。
    テーブルの上にちょっとしたランプを置いてみたり、洗面所の洗面台の上などにキャンドルやランプを置いてみるというのも立派な間接照明です。
    あまり、おおごとにはせず、まずは軽く間接照明を楽しみたいと言う方はこのような手法が良いのではないでしょうか。


サブコンテンツ


このページの先頭へ