部屋の片付けの方法

せっかく綺麗でお洒落なインテリアを部屋に揃えても部屋の片付けがしっかりできていないと、それらすべてが台無しになってしまいます。

「そんなことは分かっているけど、どうしても片付けができない!」

そのように感じている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

そこでここでは誰でも綺麗に部屋の片付けができるように、片付けでするべきことをしっかりと順序だて、まずは頭の中の整理をしてから実際に片付けをしていく方法をご紹介していきます。


【いらないものはどんどん捨てる】

片付けができていない部屋を見ると、そのほとんどの場合は雑誌やペットボトル、その他にも受け取った手紙や請求書などが散乱していることが多くなっています。

もう全く必要でないものなのに、「またいつか必要となるかも。」とある意味恐怖観念のようなもので、これらのものを捨てられず結果としてどんどんゴミが溜まっていくということになります。

これらのものは年が経つたびにどんどん増えていくもので、決して減っていくということはありません。

雑誌やペットボトル、受け取った郵便物にしても「これは本当に私に必要か?」という質問を自分自身に数回投げかけ、そこで答えがNOであった場合はどんどんとゴミに出していく癖をつけるようにしましょう。


【何かを使ったら元の位置に】

部屋の片付けの最大の秘訣はこれです。

せっかく後片付けをしたときに整理整頓をしても、数日経てば全て元の木阿弥という方もきっと多いことでしょう。

この問題の解決の方法は非常に簡単でシンプルなものです。

出したものをは使い終わったら元の場所に戻す。

普段からこのことを気をつけるだけでも、そもそも後片付けというものさえも必要でなくなるかもしれません。

出したらしまう。慣れていない人にはとても面倒なことかもしれませんが、こんな少しの小さなことが後々の大災害を防ぐのであれば楽なものです。


【日常使うものに居場所を】

鍵やリモコンなど、普段良く使うものにはしっかりと決められた場所を決めておくようにします。

後片付けが一番面倒になるときとして、探し物を探した後というものがあります。

色々引っ掻き回したけど、結局目当てのものは探し当てられなかった。
そして気づいたら部屋中がしっちゃかめっちゃかになってたなんて経験は誰にでもあると思います。

そんなときの片付けの面倒さと来たら言葉にできたものではありません。

そんな事態を避けるためにも、必ず頻繁に使用するものは決められたところに保管しておくようにしましょう。



サブコンテンツ


このページの先頭へ