ワンルームのインテリアの例

置きたい家具を置けない。
そんな悩みがどうしても付きまとってしまうワンルームですが、私の知り合いが行っていたワンルームでのインテリアにちょっと感心しましたので、ここで軽くご紹介しておきます。

私の友人が置いていたものといえばテレビ、ソファ、そしていくつかの観葉植物です。

基本的にこざっぱりとしていたので、実際の広さよりも随分と広く感じたのを覚えています。

しかしワンルームですので、どこに寝ているのと不思議だったのですが、よくよく聞いてみるとソファの横においてあるクッションのようなものが布団だったんですね。

小さめの布団をくるくる巻きにして、その上にショーツのようなカバーを掛けていたので他の人から見るとそれが布団だとは決して思いません。

布団などはそのまま出しっぱなしにしてしまうと普通どうしても整理整頓がされていない重い雰囲気を出してしまうのですが、そんなちょっとした工夫で逆に出しっぱなしの布団をお洒落な小物にしてしまったのですね。

布団をしまわなくて済む分、収納にも余裕ができそこに色々としまうことができますので、部屋自体は非常にさっぱりすることができます。

また収納から一回一回わざわざ布団を出す必要もありませんし、ソファベッドのようにソファを広げる必要もありませんので、決して寝るときにもそこまでの苦労はしないでしょう。

ワンルームとなるとどうしても使えるスペースが限られてしまいますが、こうしたちょっとした工夫をするだけでも空間を余分に使うことができますね。

是非あなたなりのアイデアを色々と試してみてはいかがでしょうか。



サブコンテンツ


このページの先頭へ