部屋探しを始める時期

部屋探しで一般的に考えられる重要なポイントというものをここでいくつかご紹介したいと思います。

まずは部屋の広さ

これは多くの人が気になるポイントだと思いますが、できるだけ広めの部屋に住みたいと考えるのは当然のことでしょう。

色々な物件をご覧になってみて、2つの部屋が同じ6畳だとしても部屋のレイアウトなどにもよって体感する広さというのは随分と変わってきたりしますので、注意が必要です。

こういった事態を避けるためにも、文面の広さだけにとらわれず、必ず決める前に実際に部屋は自分の目で確かめるようにしましょう。

その際に置く家具のイメージも同時に持つことで、実際に住んだときの部屋の広さをイメージすることもできます。

部屋探しの2つ目のポイントとしてはその環境と静けさです。

部屋を決めたときには大丈夫だろうと思っていた騒音も、長く住むことで耐えられないくらいのもになることがあります。

騒音というものは多くの方が想像する以上にストレスになるものですので、部屋を決める前に必ず朝、昼、晩の部屋の周辺の音はチェックするようにしましょう。

昼はすごい静かだったのに、夜中になるとバイクの騒音などがひどかったなどということはよく聞く話です。

そして最後の部屋探しのポイントは明るさです。

部屋が明るければ良いということでは決してなく、西日などが強い部屋だと家具や床などが変色してしまうという恐れもあるということに注意しましょう。

しっかりと朝の光は取り込んで、夕方近くの光はさえぎる作りになっているか。

このあたりは最低限しっかりとチェックしたいところです。



サブコンテンツ


このページの先頭へ