トイレのインテリアを一工夫

インテリアというとどうしてもリビングなど、常に生活をする部屋に目が行きがちになってしまいますが、非常に簡単で安上がりに、しかもあなたの家に訪れた友人に「おっ」と思わせることができるのがトイレのインテリアなんです。

トイレというと意外と多くの人がインテリアに関してはそこまで力を入れない場所なのですが、結構無意識にしても意識的にしても多くの人が気にする場所でもあります。
レストランなどに行ってでトイレが汚いともうそこには行かないことが多くなってはいないでしょうか?
逆にトイレが非常に綺麗だと「また行ってみよう」という気にさせられるのではないでしょうか?
実際にレストランなどの飲食店では、トイレの改装を行っただけで売り上げが大幅に伸びたという話が数多くあるそうです。
これらの話を踏まえて、是非もう一度トイレのインテリアを見直してみてはいかがでしょうか。

トイレのインテリアのコツ

トイレのインテリアに関しては白や黒の無難な色よりも、赤やオレンジ、または茶色などの暖色系の色を使った方が見栄えがするように思います。
また、青などの寒色系は必要以上に「寒い」という感じを与えてしまうので、トイレには向いていないのではないでしょうか。

寒色系はよく体感温度を下げたり、あまり長居させたくないような場所で多用されるものでもありますので、トイレを落ち着く場所にしたいという人にはやはり向かない色と言えるでしょう。
逆に痔などを持っていおり、あまりトイレには長居したくないと言う方にはうってつけの色かもしれません。

リビングの色などはやはりベージュや白など、落ち着きのある色が利用されることが多くなっています。
普通に生活していれば、様々な心情の変化がありますので、こういった選択は理にかなっているでしょう。
しかし、ここでトイレに派手な色をあえて多用することで家全体にアクセントをつけることも面白いのではないでしょうか。
トイレカバーなどを赤やオレンジのものにしてみるのも良いでしょうし、もし余裕があるのであれば、壁紙自体を全てこういった派手な色のものに変えてみるというのも良いと思います。
また、小物を沢山置くことで、一般的に殺風景なトイレの感じをにぎやかにすることができます。

リビングや大きい部屋でのこういった冒険は避けた方が良いのかもしれません。
しかし、トイレのインテリアはそこまで無難にする必要はないと思いますので、是非あなたの創造力をフルに働かせて素敵なトイレを作ってみてくださいね。



サブコンテンツ


このページの先頭へ