狭い部屋を広く見せる工夫をする

一人暮らしではワンルームの部屋に住んでいる人も多いと思いますが、ワンルームではちょっとの家具を置くだけですぐにただでさえ狭い部屋が狭くなってしまうものです。
そんなワンルームを広く見せたいというのはもちろん、たとえワンルームでなくても部屋を広く見せたいというのはあると思いますので、ここではちょっとした部屋を広く見せる工夫をご紹介します。

家具はなるべく目にはいらないようにする

玄関やドアから部屋に入ったときに、いきなり家具が目につくようだと実際以上に部屋は狭く見えてしまいます。
家具を全く見えなくするということはもちろん不可能ですが、大きな家具は部屋の隅の置くようにする、開放感がある窓の近くにはなるべく物を置かないなどの工夫をしてみましょう。
また、あまり高さのある家具ではなく、なるべく高さのないものを選ぶというのも一つの手です。
たったこれだけのことに注意するだけでも、見違えたように部屋が広く感じることも多いはずです。

部屋の色使いに注意する

洋服などで、白を着ると太って見えて、逆に黒を着ると痩せて見えるという話を聞いたことがあると思います。
部屋の見え方にもこれと共通するものがあり、壁紙や大きな家具などがあまりに濃い色だとその分部屋が狭く感じる場合があります。
壁紙などは新居に引っ越すときなどでなければ中々選ぶことはできないと思いますが、その変わりに面積の広いカーテンの色などに気を配ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに私の部屋のカーテンは濃い青色なのですが、非常に息苦しく感じるときがあります。。

鏡などを活用する

鏡や似たような反射するものを部屋の隅などに置くと、奥行きが出たような錯覚を起こし、部屋を心持ち広く見せることができます。
しかし、これは鏡というものを置かなければならないため、実際の使用可能な面積は狭くなることになります。
ですので、新しく鏡などを買うということはせず、もうすでに部屋に鏡を置いている人だけ実践してみてください。


色々と部屋を広く見せる工夫を書いてきましたが、部屋を広く見せる究極の方法は物を置かないということになると思います。

「完璧とはもうなにも取り除くものがなくなった状態を言う。」

と、どこかの偉人さんがおっしゃっていましたが、部屋のインテリアに関してもこのことは通じるかもしれませんね。

家具を買うときには、実際に購入する前に本当に必要か熟考する。
このことだけを実践するだけでも、かなり部屋は広く保つことができるのではないでしょうか。



サブコンテンツ


このページの先頭へ