冬物が収納できない…

部屋のインテリアをすっきりとお洒落に見せるためにはまず何と言っても収納がしっかりとされていなければなりません。

せっかくお洒落な家具や小物を揃えても、そこら辺に洋服などが散乱していたらそれこそ全てを台無しにもしかねませんよね。

洋服に関して言えばTシャツなどの夏物は小さくまとめることができますので、そこまで収納には困ることはありません。

パンツや靴下などの下着も同様のことが言えます。

洋服の収納を考えたときに、一番頭を悩ませてしまうのが冬物の洋服をしまうときではないでしょうか。

コートやジャケットなどは言わずもがな、セーターやスウェットなども収納箱などにしまおうとすると非常に幅をとってしまい、どうしてもしまいきれないという経験をした方も多いと思います。

そこでここではそんな冬物をすっきりと狭いスペースでも収納できる技をご紹介してみたいと思います。

冬物を収納する方法

セーターやスウェットなどの冬物を上手に収納するために必要なものはまず、ホームセンターなどで売られている収納箱。

これはすでにお持ちの方も多いかもしれません。

そして次に用意するものがストッキングです。

女性の場合はストッキングが破れてしまったものなども多く持っているでしょうので、それを利用して構いません。

まずこのストッキングの足の部分を3等分から4等分程度に切ります。

そして綺麗にたたんで丸めたセーターなどをこの切ったストッキングでかぶせます。

この際洋服全部をストッキングで包む必要はなく、ちょうど真ん中あたりだけをかぶせるような感じで構いません。

そうして丸めた冬物を収納ボックスに綺麗に入れていきます。

こんな簡単なことですが、これをするだけで何と今までの2倍程度の冬物がうまく収納ボックスに納めることができます。

またストッキングは通気性の良いものですので、カビになる心配もあまりありません。

男性の場合ですとストッキングを用意する時点で多少苦労するかもしれませんが、冬物の収納には非常に便利な技ですので是非お試しくださいね。



サブコンテンツ


このページの先頭へ