この場所はカビに要注意!

カビの防止を徹底するために、まずはカビのできやすい場所と条件をしっかりと把握しておきましょう。

まずカビができやすい気候というものがあり、気温が20度~30度、そして湿度が70~90%の状態が一番カビができやすいとされています。

日本では梅雨の時期になるとどこもかしこもこの状態となりますので、やはりこの時期はしっかりとした対策が必要となってきますね。

この他にも、空気の流れが悪い場所にもカビはできやすいとされていますので、換気をしっかりするということも非常に大事なことです。

そしてカビは人間の食べ物や人間の垢などを好んで食べます。

そのため食べ物そのものはもちろん、あなたがよく触っている場所や、垢が付着しているであろう風呂場などにカビが良く出来るということも納得できるのではないでしょうか。

これらのカビができる原因から考えるとその予防法というものは、

  • 湿気を抑える。
  • 換気を怠らない。
  • 食べ物はなるべく冷蔵庫などで保管する。
  • 掃除をまめにし、清潔に保つ。

ということになります。

カビが好きな場所

カビがよく発生する場所として、風呂場やキッチンをイメージする方が多いと思いますが、それら以外にもカビの発生しやすい場所というものはあります。

これらのカビが発生しやすい箇所をしっかり覚えておき、これらに関しては重点的にカビの予防をしておくようにしましょう。


【カビができやすい場所】

  • 家具の裏 : ここは普段は目に届かない場所のため、一回できてしまうと非常にやっかいです。なるべく壁との間を空けて通気性を良くするようにしましょう。
  • 洗濯機 : 最近では洗濯機そのものにはカビができないようになっているものが多いようですが、裏の壁などには注意が必要です。
  •  : タンスなどの家具をどかしてみると…。
  •  : 外との気温の違いでできる窓の結露が原因となる場合が多くなっています。場合によってはカーテンにまでできてしまう場合もあります。
  • エアコン : 毎年最初にでてくるあのカビ臭は嫌なものです…。


このページの先頭へ