お気に入りの洋服にカビが!

これは回数自体はそこまで多くはないのです、洋服などの衣類にカビができてしまう場合があります。

洋服をタンスなどから出してみて、表面に白いものが付着していたときはそれはカビである可能性が高いです。

お気に入りの衣類などにこのカビができてしまったときはそのショックも非常に大きいのですが、残念なことに衣類にできてしまったカビはその除去も非常に難しくなっています。

それでもそれなりの衣類のカビ取りの方法というものもありますので、衣類にカビができてしまったという人は是非試してみてください。

衣類はまめにチェック

カビ取り

一回出来てしまうと中々落とすことのできない衣類のカビですが、そのカビができたばかりであればカビ取りが成功する可能性は高くなります。

まずはカビの出来てしまった衣類を外に干し殺菌を行います。

殺菌をするときに衣類の場合は色落ちなどの心配があるため、エタノールの使用は控えます。

そして殺菌が終わったら、ちょっと固めのブラシなどでごしごしこすりましょう。

できたばかりのカビであれば、大概はこれだけで取ることができます。

もしこの方法でカビが取れなかった場合は台所用の中性洗剤を薄めたものを利用してみましょう。

布に水で薄めた中性洗剤をつけ、カビを広げないように外側から内側に向かって叩くように拭きます。

その後はぬるま湯で洗った部分をしっかりとやさしく洗い流してください。

この方法でカビ取りはもちろん、その後に残ってしまったシミのようなものも除去することができます。

革製のもののカビ取り

皮製のジャケットなどにカビができたときは、重曹を利用してカビ取りを行います。

重曹の粉に水を少量たしてペースト状にし、それを濡れた雑巾につけカビの部分をふき取ります。

そしてその後には乾いた布でからぶきをしてあげてください。

この方法で皮製の衣類などのカビ取りは比較的簡単にすることができます。

洋服の染み抜きの方法について



このページの先頭へ