カビ臭で病気に?

クーラーなどから出てくるカビ臭をずっとかいでいると何だか病気にもなってしまいそうな気がしてしまいますが、実際にカビが原因で人間が病気になるということはあり得るのでしょうか。

まずカビと聞いてすぐにイメージする病気というものが、食中毒です。

これはクーラーなどから出てくる臭いでかかるということはありませんが、カビが出来た食べ物、もしくは出来かけているものも絶対口にしないようにしなければなりません。

ちょっと位カビてても大丈夫、と非常に食べ物を大事にする人も中にはいらっしゃると思いますが、カビの菌には食中毒だけでなく、発がん性の物質も含まれており健康に重大な害を及ぼす可能性もありますので、絶対にやめるようにしてください。

特に梅雨の時期や夏場は食べ物もすぐに傷みやすくなっていますので、より大きな注意が必要です。

次に多いカビが原因となる人間の病気としてアレルギーの発症があります。

これは体内に吸い込んだカビ菌で体が拒否反応を起こし、アトピー皮膚炎やぜんそくなどを引き起こすというものです。

カビ菌を吸い込んだ全ての人がアレルギーを起こすというわけでは決してありませんが、アレルギーを引き起こす原因となっているのもを見ると、
一番目に多いのが、ダニの死骸や糞。
二番目がカビ。
そして三番目が驚くことに花粉によるものだとされています。

あなたの周りにも春になると花粉症で苦しむ人が多くいらっしゃると思いますが、カビが原因となるアレルギーはそれ以上に多いのですね。

これらの害を避けるためにカビをしっかりと全て除去することができれば一番良いのでしょうが、カビは目に届かない場所にもできるため、それも非常に難しいことかもしれません。

ですので部屋の換気をしっかりする。
布団などはこまめに干すなどの最低限の対策はしっかりするようにしましょう。

特に家に高齢者の方や小児がいらっしゃる場合は注意が必要です。



このページの先頭へ