マンションはカビができやすい

マンションの部屋には北側と南側には窓がない場合が多く、一戸建ての家に比べるとその通気性は悪いと一般的には言われています。

そのため、カビに関しても一戸建てと比べるとマンションの方ができやすいということになるのですが、それはマンションの作り方や部屋の位置によって当然差は出てきます。

また鉄筋コンクリート製のマンションの場合はコンクリートが水分を放出しやすくなっていますので、これもカビの一つの原因となります。

風呂場やトイレには窓がなく、換気扇だけのところも多くなっていますので、マンションに住んでいる方は一戸建てに住んでいる人以上にカビ対策には気を使わなければならないと言えるでしょう。

特に梅雨の時期に洗濯物などを部屋干しして、そのままでかけてしまい、換気もろくにできないという人は特に注意が必要となってきます。

マンションのカビ対策

マンションでもできる簡単なカビ対策はとにかく換気することですが、空ける窓の数も少ない場合が多くなっていますので、換気扇をしっかり活用しましょう。

浴室はもちろんキッチンの換気扇なども、なるべく長い時間回すようにし、できるだけ部屋の中の湿気を逃すようにします。

またマンションの場合クローゼットや押入れなどにも湿気がたまりやすくなっていますので、できるだけそれらの戸は常に開けておくようにして結露の発生を防ぎます。

窓をしっかり開ける。
換気扇を常に回す。

これらをしっかりとしてもカビが出来てしまうという場合は、除湿機などの使用を考えたほうが良いでしょう。

またマンションをこれから購入するという人はしっかりと壁に断熱材が使用されているかを確認しておきましょう。

断熱材が壁に入っていれば、壁の熱が内部に伝わりにくくなるため、その分結露の防止になります。

マンションを買ってから後悔しないためにも、こういった小さなカビ対策にも目はしっかり光らせておきましょう。



このページの先頭へ