カビの生えた食べ物を食べてしまったときの対処

梅雨ともなってくると食べ物などを放置しておくと、本当にすぐにカビが生えてきてしまったりするのですが、時としてそれに気づかず食べてしまう自分がいます。

特に朝の寝ぼけているときの食パンなどはかなり注意しておかないとカビ自体の存在に気づかないなんてことも稀にですがあります。

いつも通り朝起きて食パンを焼いて、しまおうと思ったら他のパンにカビが付いている。。。

「もう食べちゃったじゃん。。」

カビが体に良いなんて話は聞いた事がありませんのでそこからは不安一杯の気持ちで一日を過ごさなければなりません。

もし電車の中で腹痛などを起こしたら。。

まさか食中毒のときのようにもどしてしまうなんてことはないだろうか。。

そもそもカビが原因で病気になってしまうなんてこともあるのか??

こんな気持ちで学校や仕事を過ごさなければならないなんて嫌ですよね。

私の場合不安でしょうがなかったので病院にいって相談に乗ってもらったことがあったのですが、お医者さんが言うには「もちろん体に良いとは言えないけど少量のカビだったら特に問題はないはずですよ。」とのこと。

この一言でどれだけ不安が解消されたことか。。

もちろん食べても大丈夫だからと言って自分から進んで食べるというのはおすすめできません。

梅雨の時期や夏場などは必ず食べるものには注意を払うようにしましょう。



このページの先頭へ